HOME > 昇段審査 学科試験問題

令和3年度宮崎県剣道段位審査について

宮崎県剣道連盟



1 実技、日本剣道形、学科について行う。

2 審査科目の内容は、次の通りとする。

(1)実技審査 ※1・・・「剣道指導要領」全剣連発行を参考にご指導願います
受審段位
実技の内容(※1) 実技審査上の着眼点
初 段 切り返・面・小手・小手面
立会(30秒程度
「基礎的技能」・・・竹刀操作と踏み込み動作が
協応し、
適正な姿勢で発揮出来たか否か
二 段 切り返し
・立会(60秒程度)
「基本的対人技能」・・・上記に加えて仕掛け技の
適時性
や気勢・体勢・刀勢の適正・充実が
見られるか否か
三 段 立会(90秒程度)
四・五段 立会(90秒程度) 「対人的応用技能」・・・溜め→崩し(誘い出し)→
捨て身の打ちが円滑に発揮され、仕掛ける技と
応じて打つ技が適時に発揮されたか否


(2)形審査 (※実技審査合格者のみ受審可)
受審段位
日本剣道形の審査本数
初 段 太刀の形三本(一本目・二本目・三本目)
二 段 太刀の形五本(一本目・二本目・三本目・四本目・五本目)
三 段 太刀の形七本
四・五段 太刀の形七本と小太刀の形3本

日本剣道形の審査上の着眼点(初段から五段まで共通) 
立会前後の作法、立会の所作、木刀の取り扱いを適切におこなっているか
五つの構え、小太刀の形における半身の構え、入身の所作を正しく行っているか
目付け、呼吸法等を心得、終始充実した気勢、気迫を持って合気で行い、段位にふさわしい迫真性、重厚性が見受けられるか
打太刀、仕太刀の関係を理解し、原則として仕太刀は打太刀に従って始動しているか
太刀の形においては、「機を見て」小太刀の形においては、「入身になろうとするところを」とある打突の時機は適切か

各本ごとの理合を熟知し、技に応じた打突の度合い緩急強弱を心得一拍子で行っているか

打太刀は、一足一刀の間合いから打突部位を打突し、仕太刀は物打で打突部位を確実に打突しているか

太刀を振りかぶる度合いを心得、振りかぶり過ぎて剣先が両拳の高さより下がってはいないか

足さばきはすり足で行い、打突した時、後ろ足を残さず前足に伴ってひきつけているか
10
仕太刀は打突後、十分な気位で残心を示しているか 打太刀は仕太刀の十分な残心を見届けてから始動しているか


(3) 学科審査 (※実技、形合格者のみ受審可)

※「剣道学科審査の問題例と解答例」全剣連発行より出題する
※4・5段は、剣道試合・審判・運営要領の手引きからも出題する
受審段位 筆記試験の内容
初 段 ①「稽古の心構え」について述べなさい
②「基本の大切さ」について述べなさい
③「使ってはいけない竹刀」とは、どのような竹刀ですか説明しなさい
④「気剣体一致」と「残心」について説明しなさい
※上記より1問を選択式問題で出題する
※その他、作文(200字程度)1問(新型コロナ感染症予防のために気をつけていること)
二・三段 ① 剣道で「礼儀を大切にする理由」について延べなさい
② 「切り返しで気をつけること」を書きなさい
③ 「打突の好機」について説明しなさい
④ 「有効打突の条件」について説明しなさい
※上記4問から2問を記述式で出題する
四・五段 ①全日本剣道連盟「剣道試合・審判規則」第1条(本規則の目的)を書き、これはどのような目的で制定されたものか述べなさい
(解答例:剣道試合・審判・運営要領の手引きP3)
②全日本剣道連盟「剣道試合・審判規則」第12条(有効打突)を書き、あなたが審判をするときに有効打突を見極めるために注意していることを述べなさい 
(解答例:剣道試合・審判・運営要領の手引きP4.5.6.7)
③全剣連では、新型コロナウイルス感染症の予防として「主催大会実施にあたっての感染拡大予防ガイドライン」(令和2年8月27日付)を出して大会を実施しています。あなたが、稽古をするときや各種大会で審判をするときに注意しなければならないことを述べなさい
④「指導者としての心構え」について述べなさい (知識・理論)
※上記4問から2問を記述式で出題する 
解答例の丸暗記ではなく、解答例を基に自分の考えを入れた記述をして欲しい。 


3 その他
 形または学科審査の不合格者は、再受審をすることができる。 再受審の受診期間は、不合格となった当該審査の日から1年以内とし、回数は1回限りとする。 (称号・段位審査細則第15条)



宮崎県剣道連盟ロゴ

HOMEHOME
結果報告・お知らせ結果報告・お知らせ
行事予定(スケジュール)行事予定(スケジュール)
連盟役員連盟役員
連盟役員連盟役員
お問い合わせ・MAPお問い合わせ・MAP
リンクリンク